エクメット流通改善~薬価改定は?

スポンサーリンク

昨日は、厚生労働省のページが繋がらなくて、ちょっと焦りました。
1~2日繋がらないのかなー、と心配していましたが、復旧して良かったです。

● こちらも復旧へ

復旧といえば、しばらく出荷調整が続いていたノバルティスファーマ「エクメット」(ビルダグリプチン(エクア)+メトホルミン(メトグルコ))も、安定供給が発表されました。
ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、気合が入ってるのか、部門責任者のミミズのような署名入りです。
…そんな気合があるなら「最初から欠品なんかすんなっ!」という気がします(笑)
今後は、新規の患者さんに処方が拡大しても、十分な供給量が確保されているそうです。

● 復旧と同時にノルマも復活

ボクたちには関係ないことですが、流通が安定したと同時に、売上達成目標も即座に復旧したようです。
さすが外資!!やることがえげつない!!(笑)

● 薬価改定はエクアと連動

あと2ヶ月と迫った、平成28年度薬価改定です。
現在、エクア/エクメットの薬価は、
 ・エクア50mg 87.7円
 ・エクメットHD(メトホルミン500mg) 87.7円
 ・エクメットLD(メトホルミン250mg) 87.7円
と、横並び、つまり、エクア+メトホルミンよりも、エクメットにした方がメトホルミン分、薬価が抑えられます。
薬価改定では、エクアの薬価は多少引き下げられることが予想されています。
今のところの予定では、当たり前ですが、エクアとエクメットは同金額に設定する、とのこと。
今さら、エクメットの方が高くなっちゃいました、とか言ったら、今度こそホントに総スカン食らうでしょうからね(笑)