タケキャブ薬価・発売日確定

スポンサーリンク

今月の新薬の薬価収載日・薬価・発売日が決まったようです。
●薬価収載日:2月24日(火)
・タケキャブ(ボノプラザン・武田) 発売予定日:2月26日(木)
 タケキャブ錠10mg = 160.1円
 タケキャブ錠20mg = 240.2円
・ジャディアンス(エンパグリフロジン・ベーリンガーインゲルハイム) 発売予定日:2月24日(火)
 ジャディアンス錠10mg = 205.5円
 ジャディアンス錠25mg = 351.2円
・パリエット錠5mg(ラベプラゾール・エーザイ)
 パリエット錠5mg = 70.5円
※発売予定日:2月26日?
・ベピオゲル2.5%(過酸化ベンゾイル) 発売予定日:4月
 ベピオゲル2.5% = 120.9円/g (15gチューブ = 1813.5円/本)
タケキャブには高めの薬価がついてきましたね。
ネキシウムカプセル20mg(エソメプラゾール・第一三共)が逆流性食道炎の維持療法への適応となっており、そちらとタケキャブ錠10mgの効果を同等、と判断したようです・・・が、大人の事情のニオイがしないでもありません(笑)
逆に、パリエットは10mg錠の約半額(10mg錠=132.6円)、と予想よりも安く設定されました。
ジャディアンスは25mgと、他SGLT2阻害薬の高用量よりも設定量が多く、かつ、DPP-4阻害薬(シタグリプチン(ジャヌビア、グラクティブ))よりもHbA1c降下作用が得られているため、他SGLT2阻害薬の薬価よりも高めになっているようです。
米国版プロアクティブに含有されており、ざ瘡(ニキビ)に著効する言われる過酸化ベンゾイル・ベピオゲルは、4月発売となる予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする