ブロプレスのオーソライズド・ジェネリック発売へ向けて準備中(?)

スポンサーリンク

先日の記事「ブロプレスの後発医薬品が承認へ」で紹介したブロプレスのオーソライズド・ジェネリック「カンデサルタン錠「あすか」
」ですが、あすか製薬は、どうやら発売に向けて準備をすすめているようです。
親会社にあたる武田薬品工業と、条件の交渉が進んでおり、6月の後発品薬価収載時期に合わせて発売できるよう準備をすすめているとの情報です。
ARBの中で大きなシェアを持っているブロプレスのジェネリックにおいて、他社よりも半年前倒しで発売できるメリットは、計り知れないものがあると思います。
生産工場・ラインは武田薬品工業と同じものを使っている、という点でも、後発医薬品に対して抵抗のある患者さんにも受け入れられやすい製品になると思います。
あすか製薬の今後の動きにますます注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする