プラビックスのオーソライズド・ジェネリック発売へ

スポンサーリンク

2月16日付けで、製造販売承認を取得した製品の中に、プラビックスのオーソライズド・ジェネリック(AG)がありました。
日医工、サノフィ・ゼンティスからのリリースによれば、
・クロピドグレル錠25mg「SANIK」
・クロピドグレル錠75mg「SANIK」
以上、2品目についてサノフィ・ゼンティバが製造販売を、日医工が販売を行なうことになります。
サノフィ・ゼンティバは、カンデサルタン「サノフィ」などを製造販売した、サノフィの子会社になります。
日医工は、
・クロピドグレル錠25mg「日医工」
・クロピドグレル錠75mg「日医工」
について、製造販売承認を取得していますが、こちらは、併売するのでしょうか?気になるところです。
今回のクロピドグレル「SANIK」については、オーソライズド・ジェネリックでありますが、オートジェネリック、すなわち、先発品と原薬~製造工程まで同じGEとなるかどうかまでは明らかになっていません。
サノフィ・ゼンティバ、日医工からの発表を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. クロピドグレル結晶多形をめぐる有象無象

    プラビックス後発医薬品をめぐる問題とはでも書いたように、6月に発売が予定されているプラビックス(クロピドグレル、サノフィ)の後発医薬品をめぐって、様々な情報が入り乱れてくるようになりました。 ①フォームI(結晶多形1型)とフォームII(結晶多形2型)の割合…

  2. H28調剤報酬改定のゆくえ(2):後発医薬品をめぐる駆け引き

    前回のリフィル処方箋に続き、今回は後発医薬品(ジェネリック)をめぐる動きです。 (1)後発医薬品調剤率(数量ベース) 後発医薬品については、「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太方針)にて、2017年(平成29年)までに70%以上、2018~2020年(平成30~32年)…

  3. クロピドグレルGEの適応拡大日は?

    以前の記事「後発医薬品発売日と適応拡大」などでご紹介した通り、クロピドグレル「SANIK」以外のGEには、現在「PCI適応虚血性心疾患」への適応がありません。 前回のブログから転載しますが、 プラビックス(サノフィ)には、  (1)虚血性脳疾患(脳卒中・脳梗塞(アロ…