ベルソムラ、グラナテック他は25日発売へ

スポンサーリンク

本日・21日に、薬価収載・発売と噂されていました、11月分薬価収載新薬「ベルソムラ」「グラナテック点眼液」「リクシアナ錠60mg」等の新薬は、25日(火)薬価収載 ・発売となったようです。
本日の衆議院解散の影響もあるとか、ないとか。
※25日(火)追記:ベルソムラの発売は、26日(水)とのことです。
主な新薬の薬価ですが、
・ベルソムラ錠15mg 89.1円
・ベルソムラ錠20mg 107.9円
・グラナテック点眼液 451.0円/mL
・リクシアナ錠60mg 758.1円
・アググリンカプセル0.5mg 774.4円
となっています。
ベルソムラに関しては15mg錠に対して、対ロゼレム8mg(84.9円)+有用性加算5%ということのようです。
また、リクシアナ錠60mgは、30mg錠(748.1円)との逆転現象にはなりませんでした。
これによって、他のNOAC(プラザキサ・イグザレルト・エリキュース)の1日薬価(545.6円)と比較して、割高になっています。ただし、リクシアナは、もともとの整形領域の効能効果(60mgは適応なし)に加え、VTE(DVT・PTE)の効果も有しているため、単純に比較できないかもしれません。
薬局・薬剤師としても、連休前に発売になり、土・日・月と、発売元が休みになってしまい、副作用時や服用時の注意について迷ってしまって、患者さんに情報提供が遅れてしまうよりは、こうした連休明け・平日の発売の方がありがたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする