ランタス注の後発品薬価収載へ

スポンサーリンク

持続性インスリン製剤・ランタス注(インスリン・グラルギン、サノフィ)の後発医薬品(バイオ後発品、バイオシミラー(バイオ後続品))である、インスリン グラルギン「リリー」(日本イーライリリー)が明日、5月29日に薬価収載されます。
薬価は、
インスリン グラルギンBS注カート「リリー」 300単位1筒 1,031円
(先発:ランタス注カート 300単位  1,834円)
インスリン グラルギンBS注ミリオペン「リリー」 300単位1キット 1,696円
(先発:ランタス注ソロスター 300単位  2,525円)
です。
カート・デバイスの分、薬価が調整されているようです。
カートリッジ製剤は、患者さんにとって、ソロスター→ミリオペン変更になるわけですが、操作性は殆ど変わらないと思います。
発売は、6月下旬〜7月頃が予想されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    時々読ませていただいています。通りすがりの薬剤師です。
    ランタスなどのバイオ医薬品でしたら正しくは「後発品」ではなく「後続品」ではないでしょうか。承認基準なども違うので、そのあたりの差異は明確にしておくべきだと思いコメントさせていただきました。
    個人的には、消費者側からも後発品と後続品については追い追い話題になるのではないかと思っています。

  2. まきのり より:

    通りすがりさま
    コメントありがとうございますm(_ _)m
    おっしゃる通り「バイオ『後続品』」が正しい表現でした。
    早速訂正させて頂きます。
    インターネットを含め、(玉石混交ながら)ようやく医薬品の情報が患者さんにリアルタイムで伝わっていく時代がきましたね。
    患者さんへより正しく情報が伝えられるように頑張りたいですね。
    またお気づきの点などありましたら、ご意見お寄せください。
    よろしくお願いします(^^)

  3. 地方の薬剤師 より:

    始めましてm(_ _ )m
    田舎の小さなクリニック門前の薬剤師です
    ランタス注 バイオシミラー 検索中
    ブログを拝見しました
    インスリン製剤の始めての
    バイオシミラーの安全性は
    大丈夫でしょうか
    できればある程度の実績が
    上がってから考えたいですが・・・
    今後GEについて80~90%という
    高い目標(かなり無理があるような気がしますが・・・)では、今後どうしたら良いのでしょうか・・・
    また、ブログを拝見したいと思います

  4. まきのり より:

    地方の薬剤師さん
    コメントありがとうございます♪
    まず、今回の「インスリン グラルギン「リリー」」の品質についてですが、ボク個人の観測としては、かなり信頼性は高いと考えています。
    以前のブログの記事でも書きましたが、この持続性インスリンは、リリーが、本当にノドから手が出るほど欲しがっていたのですが、ずっとランタスの特許などに阻まれて、販売することができずにいたのです。
    ここ数年、リリーとベーリンガーがタッグを組んで、日本での糖尿病領域でのシェア拡大に取り組んでいまして、今回のインスリングラルギンBSもその一環です。
    リリーといえばインスリン、インスリンといえばリリーですから、リリーが下手げなものを作るとも思えませんしね。
    それから、厚労省が80%オーバーを目指してくるのは、前々から噂されていました。
    それに対して、GEを推進しても調剤側のフィー(後発医薬品調剤体制加算)しかつかずに(診療側は一般名処方フィーがついたのですが)、50%オーバーどまりになっている現状なので、医師会側は、「医師側にフィーをつけてくれれば、すぐに80%出せるよ」と、迫っているそうです。
    (処方箋に×印をつけてきたり、暗黙の了解でGE変更不可にしているのは、Dr.側なのに、ですよ!!)
    ですから、薬剤師側がしっかり、GEの選定をして(品質の悪いGEメーカーを排除して)、患者さんから信頼をいただきながら、GEの推進をすすめていって、せっかくのフィーが医師側に流れないような取り組みをしていく必要があると思います。
    正直な話、医師側が主導するGE80%オーバーでは、医療費削減にはつながらない、むしろ、医療費増大に向かうと思います。
    (結局、GEのない先発品に処方変更されるだけですから。医療業界は金儲けの話になると、むしりとろうとする本当にひどい輩が多すぎます。)
    地道な努力かもしれませんが、是非一緒に頑張っていきましょう!
    また、お気軽にお声掛け下さい(^o^)

  5. グラルギンをめぐる攻防

    ランタス注(インスリングラルギン、サノフィ)のバイオ後続品「インスリングラルギン注BS「リリー」」が8月3日に発売され、話題になっています。 一方、迎え撃つサノフィは、インスリングラルギン3倍濃縮の「ランタスXR注ソロスター」を発売予定(薬価収載は8月下旬~9月…