分かりやすくて嬉しい「ミカ」シリーズ

スポンサーリンク

8月17日、ベーリンガーインゲルハイムは、ARB・ミカルディス(テルミサルタン)と、Ca拮抗薬・アムロジピン、利尿薬・ヒドロクロロチアジドとの3成分の配合剤の承認申請をしました。
3成分の配合剤は日本初ですね。
気になる商品名ですが、「ミカトリオ」となるようです。
このところ、難解な配合剤の名前が多かっただけに、分かりやすくてとても嬉しいですねわーい(嬉しい顔)
再来年(2017年)にミカルディスの、3年後(2018年)にはミコンビAP/ミカムロの特許が切れると言われているため(テルミサルタン/テルチア/テラムロ)、今回の3剤合剤は、まず間違いなくその対策とは言えますが、
振り返れば、ミカルディスからの「ミカ~」シリーズの名前は、分かりやすいネーミングですよね!
 ・ミカルディス
 ・ミコンビ:ミカルディス+HCT
 ・ミカムロ:ミカルディス+アムロジピン
そして、3剤の合剤で、ミカ「トリオ」!!とってもイメージしやすいと思いますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
そもそも「ミカルディス」は、「MYcardial disease(心筋疾患)」+「CARdiovascular DISease(心血管疾患)」なんですね!
テルミサルタンの「ミ」ではなかった・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
3剤服用(ミコンビ+CCBなど)している患者さんも少なくないと思いますので、それなりに需要があると思いますし、飲み忘れや飲み間違いが減ったり、一包化などの錠数が減ることは悪いことではなさそうですねexclamation
あとは、3成分配合ということで錠剤の大きさがどの程度で抑えられるか、ですね。
ミカトリオの登場、注目していきたいと思いますグッド(上向き矢印)