招かれるMRと招かれざるMR

スポンサーリンク

6月の追補収載品発売を前に、ジェネリック医薬品メーカーのMRさん達の訪問ラッシュが続いてます。
ほぼ薬価収載の時期=半年に一度だけの訪問なので、「はじめましてー」と、挨拶して名刺をいただいて、帰ってから名刺ホルダーに入れると2枚目だったりして、アチャーと思うことがあります(笑)
てか、そっちは記録つけてるんだろうから、「足が遠のいていて申し訳ありません!」くらい、言えっつーの!と思ってしまいます(爆)

● 招かれざるMR

他の薬局さんや管理薬剤師さんが、どんな風にMRさん達と接しているのかわかりませんが、ボクはできるだけ紳士的に、かつ平等に接するように心がけているつもりです。
それでも「コイツ来なくていいよ」と思うMRさん(MSも(笑))が少なからずいます。
・ノルマの時しか来ない
 まぁ、こんなんで実績上げられると思ってる根性が気に入らないですね(笑)
・挨拶だけして帰る
 情報提供とかないんかいっ!って思います。
 てか、パンフレットも置いていかないって、売る気もないのか?(笑)
 (ウチの薬局が相手にされてないだけかも(泣))
・採用薬などを根掘り葉掘り探ってくる
 これが一番嫌かもー(>_<)  「○○は動いてますか?」  「何錠くらい出ますか?」  「△△病院から✕✕の処方出ますか?」  って、質問攻めのMRですね。  こっちもウソを教えてやりますが( ̄ー ̄)ムフフ

● 招かれるMR

一方で、「毎日でも来てちょーだい!」ってMRさんもいますよね。
それはもちろん、、、コッソリと、ブログのネタを落として行ってくれるMRさん達です(笑)
まぁ、最近はプロモーションコードやコンプライアンスが厳しくなったので、なかなか難しいのでしょうが、やっぱりグレーな話でも面白いですね。
でも、そういうMRさん達との会話をここに書いちゃうと、ボクだってバレちゃうと困るんですよねー。
ということで、もしMRさんがこのブログを読んで、薬剤師Mって、あの○○○薬局の…とピンときても、見てみないふりしてくださいねー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする