院外処方の善し悪し

スポンサーリンク

時々、処方元の医師より薬局に電話があります。
「〇〇を処方したいんだけど、在庫ある?」
そうした場合、大抵その医師が採用していない薬であるため、在庫はありません。
「あいにく今在庫はありませんが、取り寄せますので、処方していただいて大丈夫です」
とお答えしますが、「わかったよ」と返事をして電話が切れた後、おそらくこの患者さんだろうなぁ、と思う患者さんが来ると、採用薬の中での処方になっていることがほとんどです。
こんな時、在庫していない薬が処方されていなくて良かった、と思う反面、あっちの薬だったらもっと症状が良くコントロールできるのにな、と思うこともあります。
一方で、突然、連絡も無しに、処方箋に採用薬ではないものが載っている場合があります。
理由としては、患者さんが前の病院で飲んでいたり、あるいは、患者さんが強く希望したり、あるいは医師の勘違いとか…。
院外処方箋ですから、どんな処方を書くのも医師の自由ですし、こちらもそれを承知しての薬局運営です。
それでも、採用品以外の処方を突然書かれてきて、患者さんから「どうして、医師が処方したものを在庫していないの?」と責められるのは、正直つらいです。
医師も在庫がないことを知っていて処方箋を書いてきているはずなのですから…。
それも、広く使われていて、近隣の薬局で提供できるものなら、まだ納得できますが、専門性が高かったり、流通していないような薬の場合は、本当に心理的ダメージが大きいです。
院外処方には良い面がたくさんあるかと感じていますし、私たち薬局も、いろいろと改善する部分もあると思います。
しかし、薬局の在庫の問題や、患者さんの病態(診断名や検査値)が見えない中での投薬など、制度上の改善が必要な部分も多くあると思います。
少しずつでもこうした改善が必要な点が改善されていくよう、努力していきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする