「 2014年02月 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

先発品への先祖返り? 後発医薬品促進プランの失敗

今月12日に公表された診療報酬改定(中医協答申)「平成26年診療報酬改定についての答申(速報)」を参照 ですが、後発医薬品をめぐって、新たな動きが出ています。 今回、後発医薬品調剤体制加算は比率計算の分母を、(後発医薬品の方が薬価が高いものなどを除いて)後発医薬品の存在する医薬品、とすることになりそうです。 旧基準と新基準の比較はこんな感じのようです。 (旧)加算1(5点) 22%~30% → (新)34~45%(加算なし 0点) =▲5点 (旧)加算2(15点) 30%~35%→(新)46~55%(加算なし 0点) =▲15点 (旧)加算3(19点) 35%~42%→(新)55~64%(加算...

NO IMAGE

レメロンが販売終了?

Meijiseikaファルマからリフレックス、MSDからレメロンとして、発売されている抗うつ薬・ミルタザピンは、抗うつ・抗不安作用に加えて、睡眠改善作用があり、SSRI/SNRIにつきものの食欲不振や性機能障害といった副作用がないという特徴を持つ薬です。 同じ成分が2社から異なった商品名で併売されていますが、中身は全く同じです(錠剤もそっくりですし、シートのデザインも(色は異なりますが、幅や大きさなどは)同じです。) そんなリフレックス/レメロンですが、レメロンを販売しているMSDは今、薬剤領域の再編成を行なっているようで、レメロンが属する中枢神経領域を縮小する方向に動いているようです。 MS...

NO IMAGE

ブロプレスのオーソライズド・ジェネリック発売へ向けて準備中(?)

先日の記事「ブロプレスの後発医薬品が承認へ」で紹介したブロプレスのオーソライズド・ジェネリック「カンデサルタン錠「あすか」 」ですが、あすか製薬は、どうやら発売に向けて準備をすすめているようです。 親会社にあたる武田薬品工業と、条件の交渉が進んでおり、6月の後発品薬価収載時期に合わせて発売できるよう準備をすすめているとの情報です。 ARBの中で大きなシェアを持っているブロプレスのジェネリックにおいて、他社よりも半年前倒しで発売できるメリットは、計り知れないものがあると思います。 生産工場・ラインは武田薬品工業と同じものを使っている、という点でも、後発医薬品に対して抵抗のある患者さんにも受け入れ...

NO IMAGE

水ぼうそうにステロイド…

記録的な大雪の週明け。週末外出を控えていた患者さんがどっと受診に来て、いつもより人数が多めです。 そんな中、3歳の男の子の処方せんが来ました。 1)カチリ 1日数回 患部塗布 2)リンデロンVG 1日数回 患部塗布 3)バラシクロビル顆粒 1日3回 毎食後 4)ザジテンDS 1日2回 朝・就寝前 思わず唸ってしまいました う~ん、バラシクロビル・カチリが出ているので、おそらく水ぼうそうでしょう。 ザジテンDSが出ているので、おそらく痒みが相当なのでしょう。 カチリは、フェノール(防腐・消毒・鎮痒作用)と酸化亜鉛(保護・抗炎症)の半固形剤です。 昔から水ぼうそうに使われていますが、近年では、その...

NO IMAGE

ブロプレスの後発医薬品が承認へ

平成26年6月に薬価収載・発売に向けて申請のあった医薬品について、製造販売承認が下りました。 今回の大きな動きは、ARB降圧剤・ディオバン(バルサルタン)と、ARB+利尿薬の降圧剤合剤・プレミネント配合錠(ロサルタンK+ヒドロクロロチアジド)の2種類です。 バルサルタン、ロサルタン+ヒドロクロロチアジドとも30社以上に製造承認が下りています。 実際の発売は、もう少し淘汰されていくでしょうが、それでも20社以上からは発売されるでしょう。 各ジェネリックメーカーさんの販売の工夫が気になるところです。 プレミネント配合錠については、昨年から銘柄別収載の後発医薬品を一般名にするにあたり、「ロサルタン・...

スポンサーリンク