「 2014年07月 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

台風の影響で風邪をひく?

台風8号とそれに伴う梅雨前線の活発化によって各地で被害が出ています。 被害に合われた方にお見舞い申し上げるとともに、これから先、新たな被害が起きないよう祈りたいと思います。 さて、今日、風邪で受診をされた患者さんから 「最近、まわりで風邪を引いているヒトが多くて、うつされちゃったんだけど、台風が来てるから風邪が流行ってるのかしら?」 と、質問されて、「えっ?」と答えに窮してしまいました。 ここ数日で「確実に増えてるなぁ」と感じるのは、 偏頭痛・神経痛・喘息症状・めまい・耳鳴り といった、いわゆる自律神経系の疾患です。 台風の接近に伴う、急な気圧の変化や、気温の変化が影響しているものと思われます...

NO IMAGE

患者数減少の裏に、、、

先週、「患者さんが減っている」という記事で書きましたが、高血圧や高脂血症、糖尿病などの慢性疾患で通院している患者さんが減っているように感じられます。 その原因として、消費税増税を上げている報道がありましたが、それとは別に4月の人間ドック学会による「新基準値」の発表、ならびにそれを受けての新聞・週刊誌等での報道によって、治療を自己判断で中止してしまったのではないか?という説がまことしやかにささやかれています。 確かに「収縮期血圧(いわゆる上の血圧)が147mmHg以下なら基準内」と言われてしまったら、140mmHgで治療を開始した患者さんは、治療を止めても心配ない、と感じてもおかしくありません。...

NO IMAGE

エックスフォージの後発医薬品

高血圧治療薬「エックスフォージ」(ノバルティス・ファーマ)の特許切れが近づき、後発医薬品の発売準備が進められているようです。 日本ジェネリック医薬品学会では、「プレミネント配合錠LD」の後発医薬品統一ブランドとして「ロサルヒドLD」を提唱したように、エックスフォージの統一ブランドとして「アムバロ」を決定したようです。 エックスフォージといえば、ノバルティス社の臨床データ改ざん問題で話題となった「ディオバン」(バルサルタン)と、カルシウム拮抗剤・アムロジピンの配合場です。 「ロサルヒド」は、「「ロサル」タン」と「「ヒド」ロクロロチアジド」だったので、イメージしやすかったのですが、今回は「「アム」...

NO IMAGE

後発医薬品が品薄に

先日、デルモゾールG軟膏・デルモゾールGクリームが品薄で出荷調整状況にある、という話題を書きましたが、今回は、モーラステープのジェネリック「パテルテープ」(キョーリンリメディオ)も、同様に品薄傾向にある、との情報がありました。 また、その他の後発医薬品も、4月以降の急激な需要の伸びと、先月の大型ジェネリック(バルサルタンとロサルヒド)の生産対応のため、供給が追いつかない傾向にあるようです。 工場のラインは簡単に再開できないものもある、という話も分からないではないですが、ずっとその薬を飲んでいた患者さんに、これからも安心して薬をお渡しできるように、後発医薬品メーカーさんには需要に応じた供給ができ...

NO IMAGE

水虫の治療は1ヶ月

水虫は、カビ・真菌の1種である白癬菌による感染によって引き起こされる皮膚炎症です。 発生部位により、足白癬・爪白癬・手白癬・頭部白癬(シラクモ)・インキンタムシ・ゼニタムシなど呼び名が変わります。 水虫は、白癬菌が皮膚に付着して、24時間以上、湿度70%以上・温度25℃以上という高温多湿の条件下におかれることで感染が成立すると言われています。 逆に言えば、菌が付着しても24時間以内に、きれいに除去できれば感染を免れることができる、ということになります。(条件によって異なります。) 白癬菌は皮膚の角質に感染し、角質のタンパク質であるケラチンを栄養源として繁殖します。 角質は表皮細胞の死骸であり、...

スポンサーリンク