「 2014年09月 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

異動の秋

今日で上半期も終わりです。 この10月で、担当が変わる卸さん、メーカーさんが多いですね。名前と顔を覚え直すのに苦労します。 この4月は、薬価改定、診療報酬改定に加えて消費税増税もあり、社内異動を最小限に抑えていた反動で10月に異動になる、という事情のようです。 後発医薬品メーカーは、この4月からのジェネリックの成長に伴い、また、12月のブロプレス(カンデサルタン)・クラビット(レボフロキサシン)のジェネリック発売に向けて増員体制になるため、配置替えが進むといった側面もあるようです。 しかし、慣れ親しんだMSさんやMRさんが異動になると、本当に淋しい気持ちになります。 ビジネス上の付き合いとは言...

NO IMAGE

自治体・保険組合からカンデサルタンのお知らせが…

9月12日に発売された、ブロプレス(武田薬品工業)のオーソライズド・ジェネリック「カンデサルタン「あすか」」(あすか製薬)ですが、早速、各自治体や保険組合から、ブロプレスを服用している方に対して ・あなたが服用しているブロプレスのジェネリックが発売されたので、医療機関に相談してください という案内を始めたようで、窓口で希望される方々が増えてきています。 12月に更に安いジェネリックが出る予定ですが、どうされますか?と尋ねると、12月まで待とうかな、という方が多いですが、価格に敏感な方は切り替えを希望され、カンデサルタン「あすか」がジワジワと動いてきている感じです。 健康保険の運用も苦しい財務事...

NO IMAGE

SGLT2阻害薬で返戻がチラホラと

先日カナグルが発売され、来春にエンパグリフロジン(ジャディアンス)が発売予定のSGLT2阻害薬ですが、ファーストインクラスであるスーグラが発売されて、4ヶ月が経過し、医科向けレセプトでSGLT2阻害薬の返戻がチラホラ目立ってきているようです。 その要因の1つが、6月~8月にかけて日本糖尿病学会が主になって策定・発表したSGLT2阻害薬のリコメンデーションです。 内容としては、 ・インスリン・SU剤との併用は慎重に ・高齢者への投与は慎重に ・脱水症状への注意・利尿薬との併用は推奨されない ・皮膚症状が表れた場合は中止 ・原則としてSGLT2の他は2剤までの併用に といったものです。 この中で、...

NO IMAGE

新睡眠薬「ベルソムラ」の素朴な疑問

本日(9月26日)に製造販売承認が下りた、新作用機序の睡眠薬「ベルソムラ」(一般名:スボレキサント)ですが、オレキシン受容体拮抗薬という新しい作用機序ということで、その使い方について疑問がいろいろとあります。 そこで、製造販売承認がおりたばかりですが、メーカー・MSDのMRさんに聞いてみました。 Q)マイスリー(ゾルピデム)やロゼレム(ラメルテオン)のように適応に縛り(統合失調症及び躁うつ病に伴う不眠症は除く)はある? A)適応は「不眠症」で取得している。ただし、「二次性不眠症」に対しての効果・安全性は検討されていない。 統合失調症や躁うつ病を併発した不眠症なのか、それらが原因疾患となった不眠...

NO IMAGE

新機序睡眠薬「ベルソムラ」ほか製造販売承認へ

先日紹介した、オレキシン受容体拮抗薬・スボレキサント「ベルソムラ」(MSD)の製造販売承認が、本日(9月26日)に下りました。 発売日は、11月~12月と予想されています。 「ベルソムラ」の素朴な疑問は、こちらにてご紹介したいと思います。 本日、製造販売承認を得た薬品は他に、 ・経口C型肝炎治療薬・バニプレビル「バニヘップカプセル」(MSD) ・緑内障・高眼圧症治療薬・リパスジル「グラナテック点眼」(興和) ・持続型G-CSF製剤・ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)「ジーラスタ皮下注」(協和発酵キリン) (適応追加・新規格・新剤形承認) ・経口FXa阻害剤・エドキサバン「リクシアナ錠」(第一...

スポンサーリンク