「 2015年10月 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

ロコアテープはハッカ油がポイント!?

以前の記事でも取り上げました、11月に薬価収載が予定されている「ロコアテープ」(エスフルルビプロフェン/ハッカ油、大正富山=帝人)ですが、なかなか面白そうな外用薬だということが分かってきました。 大正富山や帝人から、製品紹介のパンフレットが届いている薬局も多いかと思いますが、その内容は、   ・ロコアテープは、起立時の膝の痛みを優位に改善しました ・エスフルルビプロフェンは、強力なCOX-1、COX-2阻害作用を示しました ・ロコアテープでは、滑膜、関節液にエスフルルビプロフェンが高濃度に移行しました ・ロコアテープは、長期の貼付により、経時的に症状を改善しました という特徴を紹介したもので...

NO IMAGE

どう反応したものか?日経メディカル・日経DI

22日に公開された日経ドラッグインフォメーション・オンラインの記事「医師2005人に聞く「薬局薬剤師からの疑義照会で思うこと」」を読んで、文春の記事に続いてまたしても(苦笑)、苦々しい思いをした薬剤師も多いのではないのでしょうか。 (気乗りしないのですが)一応、記事をまとめますと、 ・日経メディカル Onlineの医師会員が対象のウェブアンケート調査 ・薬局薬剤師から疑義照会を受けたことがあるという医師の割合は85.3% ・「疑義照会を受けて良かったと感じた経験がある」という医師は74.1%、  「疑義照会に不満を感じた経験がある」という医師は約半数(48.4%) ・「疑義照会でダブルチェック...

NO IMAGE

クロピドグレルGEの適応拡大日は?

以前の記事「後発医薬品発売日と適応拡大」などでご紹介した通り、クロピドグレル「SANIK」以外のGEには、現在「PCI適応虚血性心疾患」への適応がありません。 前回のブログから転載しますが、 プラビックス(サノフィ)には、  (1)虚血性脳疾患(脳卒中・脳梗塞(アロテーム性梗塞))  (2)経皮的冠動脈形成術(PCI)適用の安定狭心症・心筋梗塞  (3)末梢動脈疾患(PAD) の3つの効能効果が承認されていますが、それぞれの特許期間が異なっています。 そのため、 ●第Ⅰ期(現在):~ H27.10  ・プラビックス(先発)→(1)、(2)、(3)  ・クロピドグレル「SANIK」(AG)→(1...

NO IMAGE

真っ白!

先日の記事「ウチは文房具屋じゃありません!!」でご紹介した通り、ここ数ヶ月で、製品名ロゴの入った文房具類が配布されるケースがみるみる減っていきました。 先日、とある学術講演会に参加して配られたバッグを確認してみると… 真っ白!! バッグも真っ白なら、レポート用紙も罫線のみ、ボールペンも無垢の状態です!! メーカー名すらプリントしていないとは徹底してますね~! 今後、こんな特徴の無い文具類になっていってしまうのか、それとも、ここから再度、各社が趣向をこらしていくのか、今後が気になりますね!

NO IMAGE

「今さら」だけど、やっぱり悔しい文春の記事

昨日(10/15)発売の「週刊文春」2015年10月22日号の「「お薬手帳」なんていらない!」という記事ですが、医療関係者が読むと「何を今さら…。こうなることは、調剤報酬改訂前の2014年3月には簡単に予想出来ていたじゃん!」と思うのですが、これを、一般の患者さんが読むと「確かにそうかもな。」と思ってしまうかもしれませんね。 この記事の影響かどうか分かりませんが、今日の新規患者さんは、皆さんお薬手帳を断っていかれました(^o^;) しかし、この記事の中で1番悔しいと思うことは、「おくすり手帳が、相互作用や重複投与などの確認に役立っていることはほとんどない」といった記述です。 少なくともウチの薬...

スポンサーリンク