「 2015年11月 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

アボルブ出荷停止について

グラクソ・スミスクラインから発売されている、5α還元酵素阻害薬・前立腺肥大治療薬「アボルブカプセル0.5mg」(デュタステリド)ですが、フランスにある製造工場での生産停止により、出荷調整が行われることになりました。 GSKからのお知らせはこちらです。 現時点で、ボクが把握しているのは次のような内容です。  ・現在は「出荷調整中」で、日本GSKの在庫でまかなえる分を流通させる   =新規の処方分(新規薬局購入分)へは供給ができない可能性が高い  ・既処方の患者さんへの継続服用が優先されるため、病院・薬局へは、これまでの取引実績を見ながら出荷を調整する  ・現在のGSKの在庫が何ヶ月分あるか、は...

NO IMAGE

ベルソムラ長期投与解禁の憂慮

ご存知の方が多いと思いますが、12月1日から、オレキシン受容体拮抗薬・ベルソムラ(スボレキサント、MSD)が長期投与解禁になります。 ボクが心配することではないのかもしれませんが、長期投与解禁後、これまでの数倍処方量が増えることにより、3ヶ月〜半年くらいはベルソムラのトラブルが急増するのではないか?と心配しています。 そもそも、この睡眠薬に関しては、睡眠薬について十分な知識を持たないプライマリの医師には使ってほしくない(=MSDはプライマリの医師に売り込むんじゃない!)と思っています。 まず、今後数ヶ月でボクが予想しているトラブル3つです。 1.急なBZD系・非BZD系からの切り替えによる反跳...

NO IMAGE

エクメットの気になる「効能・効果」の一文

今月26日に薬価収載、同日発売予定のエクメット配合錠LD/HD(ビルダグリプチン・メトホルミン配合剤、ノバルティスファーマ)ですが、効能・効果について、ノバルティスが水面下でかなり動いているようです。 エクメットの効能・効果を確認してみると、 ・2型糖尿病 ・ただし、ビルダグリプチン及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る。 との記載になってます。 この「ビルダグリプチン+メトホルミンの併用が適切と判断」されるためには、  ・切り替え前からビルダグリプチン+メトホルミンを服用  ・ビルダグリプチン単剤では治療効果が十分ではない  ・メトホルミン単剤では治療効果が十分で...

NO IMAGE

オルメテックODはクサくはない!!

11月薬価収載、12月発売が予定されている「オルメテックOD錠」(オルメサルタン、第一三共)の製剤見本をもらいましたので、味見をしてみました! 以前の記事「OD錠が他にも続々と…」でも書きましたが、オルメテックと言えばヨーグルト臭!! オルメテックの成分は、オルメサルタン メドキソミルで、その名の通りプロドラッグ化されています。 このプロドラッグ化修飾基がエステル結合で活性成分であるオルメサルタンと結合しています。このエステル結合が投与前に外れてしまうことがあり、外れた修飾基=ジアセチルがヨーグルトのような臭いの元になっています。 第一三共のMRさんいわく「オルメテックODは、従来のオルメテッ...

NO IMAGE

モーラスパップXRの貼り心地

11月薬価収載、12月発売予定のモーラスパップXR120mgの製剤見本をいただいたので、試してみました!! ようやく久光製薬さんのHPにも、剤形写真が掲載されましたね(^^) (久光製薬HPより) さて、開けてみると、その薄さにビックリです!! モーラステープの基材をパップにした感じ、と言えば良いのでしょうか。 「モーラスパップXR」という商品名を聞かなければ、テープ剤?と勘違いしそうなくらい薄いです。 (久光製薬HPより) 添付文書からその膏体量を比較してみると…  ・モーラスパップ60mg(ケトプロフェン0.3%)…20g  ・モーラステープL40mg(ケトプロフェン2%)…2g  ・...

スポンサーリンク