「 2017年03月 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

ビビアント錠剤変更に隠された理由?

先日はDPP-4阻害薬ジャヌビア(シタグリプチン、MSD)/グラクティブ(小野)錠剤形状変更の理由について書きました(ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?)が、もう1つ、錠剤形状が変更される薬剤があります。 ビビアント錠の錠剤変更 選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)であるビビアント(バゼドキシフェン、ファイザー)の錠剤が小さくなります。 これまで長さ15.3mm、厚さ5.8mmだったと大型の錠剤だったものが、長さ11.1mm、厚さ6.1mmと、約30%小さくなることになります。 (患者さん向けお知らせ) ファイザーでは2月から出荷を開始しており、すでに手にしてい...

NO IMAGE

ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?

DPP4阻害薬、ジャヌビア(MSD)/グラクティブ(小野薬品)(シタグリプチン)の50mgの錠剤のデザインが変更されることになりました。 ・ジャヌビア錠剤形状等変更のご案内(MSD) ・グラクティブ錠50mg割線錠(新剤形)新発売のご案内 ざっくり言うと、横長になって割線が入ったということです。 ジャヌビア/グラクティブには12.5mg/25mg/50mg/100mgの4規格がある訳ですので、50mg錠を半割するよりは、25mg錠を処方すればいいだけのになー、と思うのではないでしょうか。 楕円・活線入り50mg錠は日本だけ 上記のようにジャヌビアに4規格あるのは日本だけ...

NO IMAGE

リンゼスが発売前に品薄状態!?

3月22日に発売予定の便秘型過敏性腸症候群(IBS)治療薬「リンゼス」(リナクロチド、アステラス)の在庫が不安視されています。 納入は処方確定先のみ!? 新医薬品の発売時には、いわゆる“配置”という、仮納品が行われることがあります。 「○○先生が処方する『かも』しれないので、置くだけ置いておいてもらえませんか?」ということですが、その採用薬局数が、メーカーのMRや卸のMSの実績になったりします。 しかし、今回のリンゼスは、発売前から供給が不安視されているため、発売初期は「確実に処方する」と言った病院と薬局のみに納品する、という制限がかけられることになりそうです。 供給不足...

スポンサーリンク