「 後発医薬品 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

武田とあすかの距離感に変化あり?

エカード配合錠(カンデサルタン/ヒドロクロロチアジド、武田薬品工業)のオーソライズド・ジェネリック(AG)、カデチア配合錠「あすか」の発売日が9月5日(月)に決まりました。(あすか製薬のリリース) テバ製薬からのジェネリック、カデチア配合錠「テバ」も、同じく9月5日(月)に発売になります。 (テバ製薬のリリース) ● カデチア配合錠「あすか」のデザインが? さて、少し(かなり?)違和感を感じるのが、カデチア配合錠「あすか」のシートデザインです。 こちらが、先発品である「エカード配合錠」のシートデザインです。 (武田薬品工業HPより) そして、こちらがAGである「カデチア配合錠「あすか」」の...

NO IMAGE

意外だったパキシルAGのシートデザイン

今さら感がいっぱいのAG(オーソライズド・ジェネリック)、抗ヘルペスウイルス薬「バルトレックス」のAG「バラシクロビル「アスペン」」が本日、そして、抗うつ薬・SSRI「パキシル」のAG「パロキセチン「アスペン」」が近日中に発売予定となっています。 ● やっぱりAGが欲しかったパキシル このブログでも何回か取り上げていますが、自覚症状を主訴とする疾病の場合(仮に、体内動態等が全く同じであったとしても)、ジェネリックに変えた時に体調変化が起きると、ジェネリックのせいにされてしまう場合が多々あると思います。(実際、体内動態が違うGEがほとんどであるので、更にシビアな問題になります。) そこで、...

NO IMAGE

あやしいジェネリック=AG?

先週・17日に薬価収載された平成28年度・第1回追補収載品ですが、6種類のオーソライズド・ジェネリック(AG)が収載されています。 ・カデチア配合錠LD/HD「あすか」(あすか製薬)  (カンデサルタン・ヒドロクロロチアジド、エカード配合錠LD/HD(武田))   →「AG」ですが、武田(エカード)の製造ラインとは異なり、あすか製薬が独自で製造しています。 ・バルヒディオ配合錠MD/EX「サンド」(サンド)  (バルサルタン・ヒドロクロロチアジド、コディオ配合錠MD/EX(ノバルティス))  →バルサルタン「サンド」(ディオバン)、アムバロ「サンド」(エックスフォージ)に続くAG3...

NO IMAGE

追補収載日と先発品4掛けと適応症追加

今月(6月)に薬価追補収載品は、 ◆オーソライズド・ジェネリック(先行発売品、9月頃発売?)  ・モンテルカストNa「KM」(先発品:シングレア(MSD)・キプレス(杏林))  ・カデチア配合錠「あすか」(エカード(武田))  ・バルヒディオ配合錠「サンド」(コディオ(ノバルティス)) ◆オーソライズド・ジェネリック(既収載品あり)  ・パロキセチン「アスペン」(パキシル(GSK))  ・バラシクロビル「アスペン」(バルトレックス(GSK)) ◇一般ジェネリック  ・オランザピン(ジプレキサ(日本イーライリリー))  ・カデチア配合錠「テバ」  ・バルヒディオ配合錠「テバ」  ・エンタカポン(...

NO IMAGE

超大型商品のAGをめぐる動き

6月薬価収載・9月発売が見込まれるオーソライズド・ジェネリック(AG)は、カデチア配合錠HD/LD「あすか」(先発品:エカード配合錠HD/LD(武田))とモンテルカスト5mg/10mg「KM」(先発品:シングレア(MSD)/キプレス(杏林))の2つです。 特に、モンテルカスト「KM」は単独での先行発売ということもあり、かなりのシェアを獲得できそうです。 というのも、同様に2年前に単独先行発売したブロプレス(武田)のAG、カンデサルタン「あすか」は、現在でも5割以上のシェアを有していると言われ、また薬価も70.1円(8mg錠)と、最低薬価・45.3円の1.5倍もの薬価を維持しています。 また、単...

スポンサーリンク