「 後発医薬品 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

クロピドグレルGEの適応拡大日は?

以前の記事「後発医薬品発売日と適応拡大」などでご紹介した通り、クロピドグレル「SANIK」以外のGEには、現在「PCI適応虚血性心疾患」への適応がありません。 前回のブログから転載しますが、 プラビックス(サノフィ)には、  (1)虚血性脳疾患(脳卒中・脳梗塞(アロテーム性梗塞))  (2)経皮的冠動脈形成術(PCI)適用の安定狭心症・心筋梗塞  (3)末梢動脈疾患(PAD) の3つの効能効果が承認されていますが、それぞれの特許期間が異なっています。 そのため、 ●第Ⅰ期(現在):~ H27.10  ・プラビックス(先発)→(1)、(2)、(3)  ・クロピドグレル「SANIK」(AG)→(1...

NO IMAGE

“先発品も同じですよ”が流行フレーズ?

来年4月の平成28年度診療報酬改定、調剤報酬改定の議論が深まる中で、当然ながら後発医薬品についても議論が進んでいます。 先日のニュースでは中医協でのやりとりが「後発医薬品の銘柄指定「変更不可」の処方箋が45%をしめる『異常事態』」として話題となりました。 この「医師がジェネリックの銘柄を指定するのが是か否か」という話題は、改めて書きたいと思いますが、今日は、ジェネリックをめぐるやり取りのなかで、ここ半年くらいで急に耳にするようになったフレーズについて考えたいと思います。 そのフレーズがこの記事のタイトルになっている 「先発品も同じですよ」 です。 少し前までは、ジェネリック業界での謳い文句は...

NO IMAGE

「レバミピド「DSEP」」にみるジェネリック業界の厳しさ

本年12月に発売予定のジェネリックと言えば、「アムバロ配合錠」(先発品:エックスフォージ(ノバルティス))や、「セルトラリン」(先発品:ジェイゾロフト(ファイザー))を各社主力商品としていて、その他、「ラロキシフェン」(先発品:エビスタ(イーライリリー))、「カムシア配合錠」(先発品:ユニシア(武田))なども発売予定になっています。 さて、そんな中、先発メーカー系ジェネリックメーカー「第一三共エスファ」の12月発売予定ラインナップの中に「レバミピド「DSEP」」(先発品:ムコスタ(大塚))があります。 えっー?今さらレバミピド??? しかもODでもなく普通錠???と思っていたので、MRさんが...

NO IMAGE

カムシア「あすか」の出来栄えは?

ようやく、ユニシア配合錠(カンデサルタン/アムロジピン、武田)のオーソライズド・ジェネリック(AG)、カムシア配合錠「あすか」(あすか製薬)の概要が分かってきました。 カンデサルタン「あすか」の際と同じように、AGではあるものの、あくまでライセンス提携であり、ユニシアの製造ラインとはまったく別の製造工程を経て供給されることになるようです。 このことは、カンデサルタン「あすか」(過去記事参照)と同じく、添付文書の体内動態(生物学的同等性試験)を行っているかどうかで分かります。 では、カムシアの添付文書を見てみましょう。 (カムシア配合錠LD/HD「あすか」 添付文書より) 生物学的同等性試験を...

NO IMAGE

先発vs後発をこんな視点で見てみた(ジェイゾロフト編)

8月17日、ジェイゾロフト(セルトラリン、ファイザー)の製造販売承認が下り、12月に18社から発売される予定となりました。 ジェイゾロフトと言えば、先月、PTPシートのデザイン変更の発表を行って、9月以降順次、切り替わっていくとのことです。 こちらが変更前(ファイザーHPより)。 そして、こちらが変更後(ファイザーHPより)。 シートタグ部がオレンジ(50mgはネイビー、100mgはグリーンです)になり、裏面も淡いオレンジに濃いオレンジで、ジェイゾロフトのキーイメージであるヒマワリがあしらわれています。 ジェイゾロフトがどちらかと言うと、女性に対してターゲットを広げていることもあり、女性ら...

スポンサーリンク