「 病気・症状・治療薬 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

2017-2018インフルエンザワクチン株

今年のインフルエンザHAワクチン製造株が決まりました。(平成29年7月12日付 健発0712第4号) 2017-2018シーズン インフルエンザHAワクチン製造株 ●A型株  ・A/シンガポール/GP1908/2015(H1N1)pdm09  ・A/香港/4801/2014 (H3N2) ●B型株  ・B/プーケット/3073/2013(山形系統)  ・B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統) 今シーズンの特徴 昨年から変更になったのは、A/H1N1株です。  (2016-17)A/カリフォルニア/7/2009(H1N1)pdm09   ...

NO IMAGE

新抗アレ剤「デザレックス」vs「ビラノア」

以前、「どっちが売れそう? ~ビラスチンとデスロラタジン~」でも取り上げた、「ビラスチン」と「デスロラタジン」の製造販売承認が順調に進んでいます。 どちらも海外での販売名とは違いましたね~。 デザレックス錠5mg(MSD=杏林) クラリチン(ロラタジン)の活性代謝物であるデスロラタジンです。 ロラタジンは、主にCYP3A4(代償的にCYP2D6でも)によってデスカルボキシエチルロラタジン(DCL) = デスロラタジンに代謝されて薬効を発揮します。 つまり、デスロラタジンは、最初から活性型で吸収されるため、効き目の早さが期待できる他、CYP3A4やCYP2D6の遺伝子多型(特に...

NO IMAGE

アボルブ、エクメット、モーラスXRの流通状況(売れ行きも?)(1/21版)

昨年末は、欠品の情報ばかりで対応に苦慮しましたね。 このブログでも何回か取り上げさせていただきましたが、現在の状況を、確認していきたいと思います。 ● アボルブ(デュタステリド、gsk) 昨年11月末に出荷調整(停止)になった後、12月に出荷制限がかけられていた在庫について、安全性を確認の上、1度出荷されました。 しかし、あくまで混入事故以前のロットについてであり、混入事故以降の生産再開は行われていないようです。 まだ当分の間、アボルブの出荷は見込めないようです。 ● エクメット(ビルダグリプチン/メトホルミン、ノバルティス) こちらは増産の影響が出始め、徐々に流通が回復してきているようです。...

NO IMAGE

アボルブ出荷停止について

グラクソ・スミスクラインから発売されている、5α還元酵素阻害薬・前立腺肥大治療薬「アボルブカプセル0.5mg」(デュタステリド)ですが、フランスにある製造工場での生産停止により、出荷調整が行われることになりました。 GSKからのお知らせはこちらです。 現時点で、ボクが把握しているのは次のような内容です。  ・現在は「出荷調整中」で、日本GSKの在庫でまかなえる分を流通させる   =新規の処方分(新規薬局購入分)へは供給ができない可能性が高い  ・既処方の患者さんへの継続服用が優先されるため、病院・薬局へは、これまでの取引実績を見ながら出荷を調整する  ・現在のGSKの在庫が何ヶ月分あるか、は...

NO IMAGE

ようやく骨粗鬆症ガイドライン2015が発表に

今春発表予定だった「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2015年版」が紆余曲折を経て、先月公開されました。 しかも、ひっそりと・・・^^; その内容は、次の通りです。 [骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2015年版] ※8/7 13:20 Ca剤の大腿骨近位部骨折の評価を訂正 分類 薬品名 骨密度 椎体骨折 非椎体骨折 大腿骨 近位部骨折 カルシウム薬 L-アスパラギン酸カルシウム B B B C リン酸水素カルシウム B B B C 女性ホルモン薬 エストリオール C C C C 結合型エストロゲン※1 A A A A エストラジオ...

スポンサーリンク