「 薬局・薬業界の話題 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

♪自主回収が止まらない~

ほとんど関係ないのですが、ゲスの極み乙女。に関わる「ゲスノート」などというワードがあるようで、ちょっとだけ、タイトルも乗っかってみました(笑) さて、昨年9月の自主回収、12月の再回収に続き、セロクラール(イフェンプロジル、サノフィ=日医工)が3回目の自主回収のお知らせです。(詳細は日医工ページにて。) 以前から懸念していたように、結局のところ、この期間に製造されていたものに関しては、「経時的に溶出が低下する可能性が否定できないと判断し、予防的に自主回収」という結果になりました。 まぁ、大量自主回収→欠品騒ぎよりは、はるかにマシなのですが… ♪自主回収が止まらない~ もう止まらない~ とならな...

NO IMAGE

かかりつけ薬剤師は「加算要件」ではないのでは?

昨日、1月27日に中医協総会に出された「個別改定項目について(その1)」(PDFはこちら)の中の、かかりつけ薬剤師制度には驚きましたね! 「かかりつけ薬剤師」に対しての加算は2種類あり、個別の患者さんに対する「かかりつけ薬剤師指導料」と、医科の地域包括診療料・加算が算定されている患者さんに対する「かかりつけ薬剤師包括管理料」に分けられています。 ● 個別改定項目におけるかかりつけ薬剤師関連抜粋 (新) かかりつけ薬剤師指導料 ○点 (1) 患者の同意の上、かかりつけ薬剤師として服薬指導等の業務を実施した場合に算定する。 (2) 患者の同意については、患者が選択した保険薬剤師をかかりつけ薬剤師...

NO IMAGE

エクメット流通改善~薬価改定は?

昨日は、厚生労働省のページが繋がらなくて、ちょっと焦りました。 1~2日繋がらないのかなー、と心配していましたが、復旧して良かったです。 ● こちらも復旧へ 復旧といえば、しばらく出荷調整が続いていたノバルティスファーマ「エクメット」(ビルダグリプチン(エクア)+メトホルミン(メトグルコ))も、安定供給が発表されました。 ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、気合が入ってるのか、部門責任者のミミズのような署名入りです。 …そんな気合があるなら「最初から欠品なんかすんなっ!」という気がします(笑) 今後は、新規の患者さんに処方が拡大しても、十分な供給量が確保されているそうです。 ● 復旧と...

NO IMAGE

「かかりつけ薬剤師」への3つの不安

2016年度調剤報酬改定の中で、大きなキーワードの1つが「かかりつけ薬剤師・薬局制度」です。 患者さんが、住み慣れた地域で、信頼できる「かかりつけ医」を持ち、そこで発行された処方箋を持って「かかりつけ薬剤師」のいるかかりつけ薬局で薬を受け取る… Oh! It's a wonderful world!! そんな理想郷の世界に自分の身を置いた時、ボクには3つの不安がよぎったのであります…。 ● 不安1:転勤・転職・長期休暇の場合はどうなる? 当然ですが、「かかりつけ薬局」すなわち、患者さん:法人という関係ではなく、「かかりつけ薬剤師」つまり、患者さん:薬剤師個人という関係になります。 このブログを...

NO IMAGE

マルホによるニキビ治療計画が完成!?

今朝、記事を見てビックリして飛び起きてしまいました 「マルホ ガルデルマと包括的提携 にきび薬など単独販売、MRも受け入れ」 マルホ、やりましたね~ ● マルホMRはヒントをくれていた 実は最近、「あれ?」と思うことがあったんですよね~。 マルホのMRさんが来た時のやり取りのことなんです…。ゼビアックスローションの売れ行きが気になったので、話を振ってみたのですが、ちょっと意外な答えが帰ってきたんです! まきのり「ゼビアックスローションの売れ行きどうですか?」 マルホMR「ニキビ用外用抗菌薬としては、しばらく新薬が出ていなかったので、皮膚科の先生には、かなり積極的に使っていただいています。」 ま...

スポンサーリンク