「 薬局・薬業界の話題 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

武田とテバ、笑うのはどっち?

昨年末に武田、テバ、大正薬品から「日本における武田薬品とテバ社による合弁会社設立について」(リンクは武田HPへ)というリリースが発表されました。 以前の記事「12月薬価収載・後発医薬品をめぐるエトセトラ」で、その動向は少し書きましたが、詳細が明らかになってきました。 ● 名称が「武田テバ薬品」と「武田テバファーマ」に 武田・テバ両社(3社)からのリリースや、報道をまとめると、  ・武田の長期収載品(LLP; Long Listed Products)は、大正薬品工業(新・武田テバ薬品)へ承継  ・移管する長期収載品は、ブロプレス、タケプロン、ベイスンなど  ・アクトス、リュープリンは、移管対象...

NO IMAGE

今から恐ろしい3月末の欠品祭り

21日に行われた財務省・厚労省大臣折衝で、次回診療報酬の改定率が決まりました。 ほとんどの方がご存知でしょうが、おさらいも含め掲示しますと、 ●平成28年診療報酬 ・診療報酬全体 -1.03% ・診療報酬本体 +0.49%   医科 +0.56%、歯科 +0.61%、調剤 +0.17% ・薬価改定等 -1.52%   薬価 -1.41%(市場拡大再算定 -0.19%含)、材料 -0.11% さて、診療報酬本体が夏~秋にかけてのシブい予想に反してプラス改定となった(なってしまった)のと対照的に薬価改定はガッツリ削られていることが分かります。 薬価改定の-1.41%は国費ベースであり、医薬情報サイ...

NO IMAGE

お薬手帳持参で薬代が安くなる?のは本当なのか?

先日の診療報酬改定率決定から、少しずつ改定内容が具体的に落とし込まれてきましたね。 診療報酬改定率についても、別の記事で書きたいと思っているのですが、まずは「おくすり手帳」についてです。 今日の読売新聞の記事 お薬手帳、窓口負担引き下げへ…同じ薬局利用で で、報道されたように、おくすり手帳をかかりつけ薬局に持参することで、一定の患者負担が軽減される方針が決まったということです。 「方針が決まった」というのは、いわゆる「霞ヶ関文学」の一種で「その方向で検討するけど…」ということと、まずは捉えています。 このことは、ボクのブログでも2年前に取り上げていたこと( お薬手帳の考え方②~平成26年度調剤...

NO IMAGE

セロクラールの再回収

このところ、ずっと出荷停止や回収の記事が続いてしまいますね。 今回はセロクラール(イフェンプロジル、サノフィ=日医工)の再回収の話題です。 セロクラールは9月に1度、長期安定性試験における溶出試験不適合のロットを自主回収をしています(参照記事)が、今回、新たにセロクラール20mg(10mg錠、細粒は非対象)の4ロットについて回収が行われています。 (ちなみにこの件は、12/23現在サノフィならびに日医工のホームページでの発表はありません。) 今回、自主回収の対象になっているのは、 ・セロクラール20mg PTP100錠  製造番号:5F812A(出荷判定日:2015年7月10日) → 製造日/...

NO IMAGE

モーラスパップXRが早くも品薄?

モーラスパップXR品薄の情報と背景 昨日・12月15日に発売となった「モーラスパップXR 120mg」(ケトプロフェン、久光)ですが、早くも品薄状態になっているとの情報です。ただし、地域差や卸による差があるため、それが一部の地域・卸だけの話なのか、全国区の話なのかはまだ不明です。 それにしても、アボルブ(過去記事「アボルブ出荷停止について」「続・アボルブ流通に関わる情報」)やエクメット(過去記事「エクメットが出荷調整に」)に続いて「またか」という感じです。 原因としては、エクメットとほぼ同じような理由で、  (1)予想以上に(というのは、MRや卸に売らせてるメーカーとして無責任ではないんですか...

スポンサーリンク