「 薬局・薬業界の話題 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

エクメットが出荷調整に

先月末に発売されたばかり、DPP4阻害薬・ビルダグリプチン(製品名:エクア)+ビグアナイド薬・メトホルミンの配合剤「エクメット HD/LD」ですが、今週半ば頃から在庫不足により出荷調整がかかりました。 発売元のノバルティスは処方医・処方予定医に対して「新規患者への切り替えを一時中止」のお願いを始めています。 …というか、つい今週の頭まで「DPP-4+メトホルミンの患者さんは、どんどん切り替えをお願いします!!」って言ってたじゃないか~!!ヽ(`Д´)ノ 在庫が不足した理由としては、 (1)販売先数目標達成のための初回広域販売(いわゆる“配置”“預かり”)の過多 (2)東南アジア・サンド薬品工場...

NO IMAGE

医療制度における「性善説」は揺らいでいる?

平成25年度の医療費が40兆円を超え、超高齢化社会による医療費の更なる増大が見込まれている中で迎えた今回の平成28年診療・調剤報酬改定の議論。 10月に提示された“乱暴な”財務省案から、先日、12月4日の中医協の議論では、日本薬剤師会・安部好弘常務理事の発言により、かなりまともな方向に議論が落ち着いてきました。 と、同時に、これまで「これ以上の医療費の増加は認めない!」「マイナス改定は必死」という強硬一辺倒だった雰囲気が、ここへきて「医科・歯科は、ややプラス」「調剤もネットプラスか?」などと、雰囲気がかなりマイルドな方向に変わっていきました。 消費税増税も軽減税率が大幅に公明党側に譲歩して導入...

NO IMAGE

クロルマジノンも出荷調整へ

先日からお伝えしている、アボルブ(デュタステリド、グラクソ・スミスクライン)の出荷調整により、アボルブの代替薬としてプロスタール(クロルマジノン、あすか=武田)が候補に挙げられていましたが、プロスタールへの需要が急増し、こちらも品薄状態になっているようです。 さらに、プロスタールの後発医薬品、クロルマジノンにも需要が急増しているため、数社で出荷調整が始まっています。 この出荷調整には、昨10月のロンステロン錠25mg(日新=ゼリア新薬)の自主回収・販売中止(公式リリース)による影響もあります。 いずれも投与中患者への継続 = 取引実績ありの医療機関 が優先となるため、新規患者への処方が来た場合...

NO IMAGE

ジェネリックに秘められたダークサイド!?

あれこれ書きたい記事がたまっていたのですが、あまりに書きたいことが多すぎて、逆に書けないという情けない状況になっていて、久々の更新になってしまいました。 ちょっと気を取り直して、簡単に書けるLiteな内容から書いていきたいと思います。 Liteな内容ですが、タイトルにあるようにわりとDarkな内容です 以前の記事「“先発品も同じですよ”が流行フレーズ?」でも少し触れたように、今、後発医薬品を処方・調剤する医師・薬剤師側や、実際に服用する患者さんから、「原薬(バルク)の原産国を開示して欲しい!」という意見が大きくなってきています。 また、国(厚労省と財務省)も、医療費削減の切り札としてジェネリッ...

NO IMAGE

真っ白!

先日の記事「ウチは文房具屋じゃありません!!」でご紹介した通り、ここ数ヶ月で、製品名ロゴの入った文房具類が配布されるケースがみるみる減っていきました。 先日、とある学術講演会に参加して配られたバッグを確認してみると… 真っ白!! バッグも真っ白なら、レポート用紙も罫線のみ、ボールペンも無垢の状態です!! メーカー名すらプリントしていないとは徹底してますね~! 今後、こんな特徴の無い文具類になっていってしまうのか、それとも、ここから再度、各社が趣向をこらしていくのか、今後が気になりますね!

スポンサーリンク