スポンサーリンク
NO IMAGE

厚生労働省がブラック経営を容認へ…

今となっては、1ヶ月以上前のことになってしまいますが、厚生労働省から「健康サポート薬局に関するQ&Aについて」(平成28年3月29日)、「健康サポート薬局に関するQ&Aについて(その2)」(平成29年4月21日)が、発表されました。 「その2」で示された驚くべきQ&A 「健康サポート薬局」(以下「健サポ薬局」)を名乗るための基準の中に、「常駐する薬剤師の資質」と「開店時間の設定」という項目があります。 3. 常駐する薬剤師の資質(基準告示 3 関係) ① 要指導医薬品等及び健康食品等の安全かつ適正な使用に関する助言、健康の保持増進に関する相談並びに適切な専門職種又は関...

NO IMAGE

どうなる?どう出す?リンゼス!

便秘薬の歴史を変える!くらいの勢いで、製造販売承認後のプロモーションを行っていたリンゼス(リナクロチド、アステラス)ですが、 ・発売開始前の出荷調整(過去記事参照) ・「便秘型過敏性腸症候群」(IBS-C)という聞きなれない(診断しなれない)適応症 ・「食前服用」「1回2錠」「一包化できない」という制約の多さ という3重苦(?)によって、完全に出鼻をくじかれています。(^^;) トラブル多発? 下痢必発? さて、ボクの薬局ではリンゼスの処方を受け付けてはいないので、周囲から噂を聞いた範囲ですが、「服用開始日にひどい下痢になり、『もう飲みたくない!』と相談を受けた」と...

NO IMAGE

ビビアント錠剤変更に隠された理由?

先日はDPP-4阻害薬ジャヌビア(シタグリプチン、MSD)/グラクティブ(小野)錠剤形状変更の理由について書きました(ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?)が、もう1つ、錠剤形状が変更される薬剤があります。 ビビアント錠の錠剤変更 選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)であるビビアント(バゼドキシフェン、ファイザー)の錠剤が小さくなります。 これまで長さ15.3mm、厚さ5.8mmだったと大型の錠剤だったものが、長さ11.1mm、厚さ6.1mmと、約30%小さくなることになります。 (患者さん向けお知らせ) ファイザーでは2月から出荷を開始しており、すでに手にしてい...

NO IMAGE

ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?

DPP4阻害薬、ジャヌビア(MSD)/グラクティブ(小野薬品)(シタグリプチン)の50mgの錠剤のデザインが変更されることになりました。 ・ジャヌビア錠剤形状等変更のご案内(MSD) ・グラクティブ錠50mg割線錠(新剤形)新発売のご案内 ざっくり言うと、横長になって割線が入ったということです。 ジャヌビア/グラクティブには12.5mg/25mg/50mg/100mgの4規格がある訳ですので、50mg錠を半割するよりは、25mg錠を処方すればいいだけのになー、と思うのではないでしょうか。 楕円・活線入り50mg錠は日本だけ 上記のようにジャヌビアに4規格あるのは日本だけ...

NO IMAGE

リンゼスが発売前に品薄状態!?

3月22日に発売予定の便秘型過敏性腸症候群(IBS)治療薬「リンゼス」(リナクロチド、アステラス)の在庫が不安視されています。 納入は処方確定先のみ!? 新医薬品の発売時には、いわゆる“配置”という、仮納品が行われることがあります。 「○○先生が処方する『かも』しれないので、置くだけ置いておいてもらえませんか?」ということですが、その採用薬局数が、メーカーのMRや卸のMSの実績になったりします。 しかし、今回のリンゼスは、発売前から供給が不安視されているため、発売初期は「確実に処方する」と言った病院と薬局のみに納品する、という制限がかけられることになりそうです。 供給不足...

スポンサーリンク