スポンサーリンク
NO IMAGE

ビビアント錠剤変更に隠された理由?

先日はDPP-4阻害薬ジャヌビア(シタグリプチン、MSD)/グラクティブ(小野)錠剤形状変更の理由について書きました(ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?)が、もう1つ、錠剤形状が変更される薬剤があります。 ビビアント錠の錠剤変更 選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)であるビビアント(バゼドキシフェン、ファイザー)の錠剤が小さくなります。 これまで長さ15.3mm、厚さ5.8mmだったと大型の錠剤だったものが、長さ11.1mm、厚さ6.1mmと、約30%小さくなることになります。 (患者さん向けお知らせ) ファイザーでは2月から出荷を開始しており、すでに手にしてい...

NO IMAGE

ジャヌビア錠剤形状変更の背景とは?

DPP4阻害薬、ジャヌビア(MSD)/グラクティブ(小野薬品)(シタグリプチン)の50mgの錠剤のデザインが変更されることになりました。 ・ジャヌビア錠剤形状等変更のご案内(MSD) ・グラクティブ錠50mg割線錠(新剤形)新発売のご案内 ざっくり言うと、横長になって割線が入ったということです。 ジャヌビア/グラクティブには12.5mg/25mg/50mg/100mgの4規格がある訳ですので、50mg錠を半割するよりは、25mg錠を処方すればいいだけのになー、と思うのではないでしょうか。 楕円・活線入り50mg錠は日本だけ 上記のようにジャヌビアに4規格あるのは日本だけ...

NO IMAGE

リンゼスが発売前に品薄状態!?

3月22日に発売予定の便秘型過敏性腸症候群(IBS)治療薬「リンゼス」(リナクロチド、アステラス)の在庫が不安視されています。 納入は処方確定先のみ!? 新医薬品の発売時には、いわゆる“配置”という、仮納品が行われることがあります。 「○○先生が処方する『かも』しれないので、置くだけ置いておいてもらえませんか?」ということですが、その採用薬局数が、メーカーのMRや卸のMSの実績になったりします。 しかし、今回のリンゼスは、発売前から供給が不安視されているため、発売初期は「確実に処方する」と言った病院と薬局のみに納品する、という制限がかけられることになりそうです。 供給不足...

NO IMAGE

パンドラの箱を開けた第一三共エスファ

ミカルディスファミリー(テルミサルタン、ベーリンガーインゲルハイム)に続き、クレストール(ロスバスタチン、塩野義=アストラゼネカ)のオーソライズド・ジェネリック(AG)の製造販売承認を取得した第一三共エスファのニュースには驚かされましたね! クレストールについても、うすうす予想はしていたんですけどねー。 テルミサルタン、テルチア、テラムロの製造工程は先発品と同一 まず、第一三共エスファとしては、6月に他社のジェネリック(GE)とヨーイドンで発売される、テルミサルタン関連に注力する販売戦略です。 MRに渡されているパンフレットにも、テルミサルタン関連とモンテルカスト関連などに限ら...

NO IMAGE

ロヒプノール?サイレース?どちらが消える???

昨日(1/16)、衝撃的な(?)ニュースが流れました!! エーザイ 不眠症薬・麻酔導入薬フルニトラゼパムの国内権利を承継、ロシュと中外から これまで「ロヒプノール」(中外)、「サイレース」(エーザイ)の2ブランドだったフルニトラゼパムの先発品ですが、エーザイがロシュから国内向け原薬製造権を、中外から国内販売中の「ロヒプノール」の製造販売承認を承継することになりました。 2ブランドの維持は不可 薬価基準制度上、同一成分で、同一効能・効果の場合は、2ブランドを販売することができなくなっています。 つまり、「サイレース」を持つエーザイが、「ロヒプノール」の製造販売承認を承継した...

スポンサーリンク