「 おくすり手帳 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

どうなる?調剤報酬改定2018〜勝手予想2・かかりつけ薬剤師

かかりつけ薬剤師については、日経DIオンラインの記事を引用すると、 1.かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料について、患者の同意取得時に、患者の状態等を踏まえたかかりつけ薬剤師の必要性やかかりつけ薬剤師に対する患者の要望等を確認することを要件とする。 2.上記1.と併せて患者の同意取得の様式を整備する。 3.処方箋受付回数及び特定の保険医療機関に係る処方箋による調剤割合に基づく調剤基本料の特例対象の薬局について、かかりつけ薬剤師指導料等の一定の算定実績がある場合に特例対象から除く取扱いを廃止する。 4.かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料の施...

NO IMAGE

おくすり手帳のモチベーション

4月に行われた平成28年度調剤報酬改定で、おくすり手帳の有無での薬歴管理料の点数が変更になりました。 皆さんご存知だと思いますが、おさらいします。 ◎〜平成27年3月  ・手帳あり → 41点  ・手帳なし → 34点 ◎平成28年4月〜  ・手帳あり → 38点(調剤基本料1または4の場合)  ・手帳なし → 50点 さて、平成26年〜平成27年の算定状況を見ると、全国平均で80%を超えているというデータがあり、それを根拠に 「おくすり手帳は十分、普及期を迎えた」 という判断もあり、平成28年度の調剤報酬改訂で、おくすり手帳の持参により患者負担が減額されるという方式が採用されたようです。 し...

NO IMAGE

お薬手帳はまだまだ混乱しそう?

ギリッギリのタイミングで発表された疑義解釈のお陰で、今もなお対応に追われている薬剤師も多いのではないでしょうか。 さて、疑義解釈(Q&A)・その1を読み込んでいくと、お薬手帳の算定で、まだまだ混乱の要素があり?と感じることがあります。 まずは、該当のQ&Aをご確認ください。 (問28)患者が電子版の手帳を持参してきたが、保険薬局が提携している電子版の手帳の運営事業者と患者が利用する電子版の手帳の運営事業者が異なる場合や運営事業者と提携していない保険薬局の場合など、薬剤師が薬局の電子機器等から患者の手帳の情報を閲覧できない場合はどのようになるのか。 (答)電子版の手帳については、「お薬手帳(電子...

NO IMAGE

お薬手帳持参で薬代が安くなる?のは本当なのか?

先日の診療報酬改定率決定から、少しずつ改定内容が具体的に落とし込まれてきましたね。 診療報酬改定率についても、別の記事で書きたいと思っているのですが、まずは「おくすり手帳」についてです。 今日の読売新聞の記事 お薬手帳、窓口負担引き下げへ…同じ薬局利用で で、報道されたように、おくすり手帳をかかりつけ薬局に持参することで、一定の患者負担が軽減される方針が決まったということです。 「方針が決まった」というのは、いわゆる「霞ヶ関文学」の一種で「その方向で検討するけど…」ということと、まずは捉えています。 このことは、ボクのブログでも2年前に取り上げていたこと( お薬手帳の考え方②~平成26年度調剤...

NO IMAGE

電子版お薬手帳への一抹の不安

連日のように中医協での平成28年診療報酬改定、調剤報酬改定の議論がニュースとなっています。 調剤報酬改定の中で1つ、ほぼ導入が認められるだろうと言われているのが「電子版お薬手帳」です。 現行の調剤報酬点数表(平成26年改定)では、紙媒体のお薬手帳に記録をした場合しか、薬剤服用歴管理指導料・41点を加算することは出来ませんでした。 ちなみに、あちこちを調べてみたのですが、お薬手帳あり(41点)/なし(34点)の算定率についてのデータが見つからないので、ウチの薬局での比率などから想定すると「だいたい60~65%くらいなんではないかな?」と勝手に予想しています。 このお薬手帳あり(41点)/なし(3...

スポンサーリンク