「 ジェネリック 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

どうなる?調剤報酬改定2018〜勝手予想3・後発医薬品調剤体制加算

さて、続いて気になるのは、現行の2段階から3段階に分かれるとされる、後発医薬品調剤体制加算についてです。 (参照:日経DIオンライン) 外用薬の対象外議論は見送り? 一時期、噂されていた「点眼液や貼付薬、軟膏剤など、添加剤や製法が異なることで使用感が異なり、積極的に後発医薬品を使う患者が少ないという理由で、外用薬を後発医薬品の分母から外す」という議論は今回、見送りとなった模様です。(今後の議論次第ではまだわかりませんが・・・) まぁ、後発医薬品に切り替えることで、医療費抑制を図ろう、という狙いから始まっている制度ですから、当然と言えば当然かもしれません。 ...

NO IMAGE

クレストール戦線異常あり!?

年内に特許満了を迎えるクレストール(ロスバスタチン、アストラゼネカ=塩野義)ですが、6月16日(金)薬価収載~9月発売のオーソライズド・ジェネリック(AG)「ロスバスタチン「DSEP」」の発売を前に、急に動きが出てきました。 塩野義は売り切りを目指す動き!? 塩野義のMRさん達に今月(H29.6)、クレストールに対して、かなりの営業目標が課されているようです。 詳しいことは伏せますが、塩野義の目標としては、2017年度・第1四半期(4-6月期)でクレストールの売り切り(そんなことはできっこないと思いますが)を目指しているようです。 確かに、第2四半期(7-9月期)のうち7月・8月もAG...

NO IMAGE

パンドラの箱を開けた第一三共エスファ

ミカルディスファミリー(テルミサルタン、ベーリンガーインゲルハイム)に続き、クレストール(ロスバスタチン、塩野義=アストラゼネカ)のオーソライズド・ジェネリック(AG)の製造販売承認を取得した第一三共エスファのニュースには驚かされましたね! クレストールについても、うすうす予想はしていたんですけどねー。 テルミサルタン、テルチア、テラムロの製造工程は先発品と同一 まず、第一三共エスファとしては、6月に他社のジェネリック(GE)とヨーイドンで発売される、テルミサルタン関連に注力する販売戦略です。 MRに渡されているパンフレットにも、テルミサルタン関連とモンテルカスト関連などに限ら...

モンテルカスト「KM」出荷調整はマッチポンプ?

モンテルカスト「KM」出荷調整はマッチポンプ?

先週から、シングレア(MSD)/キプレス(杏林)のオーソライズド・ジェネリック(AG)である「モンテルカスト「KM」10mg」の1部の包装で出荷調整となっています。 ややこしい出荷調整の状況(11/28版) まず、11/28現在の「モンテルカスト「KM」10mg」の出荷調整の状況です。  ●広域卸(メディパル・アルフレッサ・共創未来・スズケン等)   ・モンテルカスト錠10mg「KM」    【420錠】【500錠】…品薄状態・出荷調整中    【100錠】【140錠】…品薄状態・出荷調整中(欠品等はなし)    【28錠】…出荷調整なし  ●地域卸・販社  ...

あっぱれ!オルメテックOD1本化

あっぱれ!オルメテックOD1本化

第一三共から発売されているARB、オルメテック(オルメサルタン)ですが、昨年末に発売となった「オルメテックOD」を残し、普通錠の販売終了が決まりました! ● 薬局にメリット大 一部の処方医や薬剤師からは、「なんで普通錠をやめちゃうんだ!」とお怒りの声が上がっているようですが、ボクは賛成です。 というか、大英断だと思います! 普通錠←→OD錠の調剤過誤(いわゆる「剤形違い」)は、ウチの系列店でも過誤(ヒヤリ・ハット含む)の原因の上位になっています。(ちゃんと統計を取ってる訳ではありませんが…) “ミスがあってはならない”のが薬剤師の仕事とは言え、人間ですから、どこかでミ...

スポンサーリンク