「 出荷調整 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

トランサミン出荷再開の見込み!

溶出試験不適合により、4月上旬から続いていた、トランサミン錠250mg/500mg、トランサミンカプセル250mg(トラネキサム酸)の出荷調整について、回避できるメドが立ったようです。 (順次MRさんから連絡があるかと思います。第一三共からのニュースリリースはこちら(医療関係者用)。) このリリースによれば、  ・トランサミン錠250mg → 溶出試験適合 → 供給再開(ただし、当面は出荷調整あり)  ・トランサミン錠500mg → 溶出試験適合見込み(6月ごろ) → 当面は出荷調整(欠品は回避できる見込み)  ・トランサミンカプセル → 溶出試験不適合(状況不変) ...

NO IMAGE

アトーゼットLDは品薄危機?HDは売れない?

本日(4/23)に発売された「アトーゼット配合錠LD/HD」(MSD/バイエル)ですが、早くも品薄危機が囁かれています。 また、リピトール→一包化OK、ゼチーア→一包化OKですが、なぜかアトーゼットでは一包化不適となっています。(おそらく一包化しても問題はないと思いますが…(後述)) ということで、アトーゼットをめぐるアレコレを見ていきましょう! ・アトーゼット配合錠LD:エゼチミブ(ゼチーア)10mg +アトルバスタチン(リピトール)10mg ・アトーゼット配合錠HD:エゼチミブ(ゼチーア)10mg +アトルバスタチン(リピトール)20mg アトーゼットLDは早くも...

NO IMAGE

フェノフィブラート出荷調整に見る「武田テバ」のポンコツ具合

先週末くらいから、フェノフィブラート錠「武田テバ」の需要が逼迫し、出荷調整がかかるようになっています。 なんとこの時代にあっても、ホームページにはそうしたアナウンス一切はありませんが、、、 テバ製薬・大洋薬品工業時代からの悪しき体質 武田テバと言えば、今でこそチャンピオン(笑)「武田」の名前が冠されていますが、元々はイスラエル法人であるテバが興和と手を組んでいた「興和テバ」が、大洋薬品工業を飲み込んでできた「テバ製薬」が前身となっています。 特に、大洋薬品工業時代は、回収・不安定供給などに加え、承認規格外の医薬品が品質チェックをすり抜けて出荷されるなど、医薬品メーカーとして...

モンテルカスト「KM」出荷調整はマッチポンプ?

モンテルカスト「KM」出荷調整はマッチポンプ?

先週から、シングレア(MSD)/キプレス(杏林)のオーソライズド・ジェネリック(AG)である「モンテルカスト「KM」10mg」の1部の包装で出荷調整となっています。 ややこしい出荷調整の状況(11/28版) まず、11/28現在の「モンテルカスト「KM」10mg」の出荷調整の状況です。  ●広域卸(メディパル・アルフレッサ・共創未来・スズケン等)   ・モンテルカスト錠10mg「KM」    【420錠】【500錠】…品薄状態・出荷調整中    【100錠】【140錠】…品薄状態・出荷調整中(欠品等はなし)    【28錠】…出荷調整なし  ●地域卸・販社  ...

NO IMAGE

アボルブ再出荷に明るい兆し?

昨年11月から出荷調整(実質上の供給停止)が行われている「アボルブカプセル0.5mg」(デュタステリドカプセル)ですが、今週末~来週頭にかけて、若干数の供給が行われる見込みのようです(実績に応じて分配販売)。 昨日(2月9日)には、グラクソ・スミスクラインから、アボルブの出荷調整についてリリースも発表されました。 このリリースによれば、「1月22日にフランス・キャタレント社ベインハイム工場での保留中のバルク在庫の出荷に関する理解を得ることができ」、「今市工場にて品質検査並びに最終包装」を行うことで出荷が可能になったとのことです。 また、今市工場で目視やカメラによる混入カプセルを確実に除去でき...

スポンサーリンク