「 日本調剤 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

どうなる?調剤報酬改定2018〜勝手予想1・総論

いよいよ1/24の中医協で、2018年度調剤報酬改定に向けた具体的な個別項目の議論(いわゆる「短冊の議論」)が始まりました! 調剤報酬改定2018 個別改定項目《その1》・基準調剤加算を廃止し「地域支援体制加算」新設(日経DIオンライン) 2月の下旬には骨子が固まってくるのでしょうが、どうせまた最終調整に手間取って、きちんとしたペーパーになるのは3月上旬、そして疑義解釈(Q&A)が出てくるのが、なぜか施行日・4月1日以降という、厚労省&薬剤師会による“オレ様ルール”でコトが運ぶことが目に浮かびますが。。。 で、現在あがっている伏せ字の状態の改定案資料を基に、2018年調剤報酬改定...

NO IMAGE

ラスボス出現で沸いた日経DIのインタビュー

今月号(2016年5月号)の日経DI、思わず吹いてしまいました。 先月号と今月号の日経DIのインタビューは、完全に「狙って」ますよね!? …っていきなりすみません。ちょっと興奮してしまったので(笑) ● 打倒日調!の旗振り役? まず、先月号(2016年4月号)のインタビュー記事は、厚生労働省保険局医療課薬剤管理官 中井清人氏のインタビュー記事でした。 今回の調剤報酬改定で、大手チェーンへの算定ハードルをドンッと跳ね上げたと噂されている方ですね。いわば、今回の改定の旗振り役の1人だったと目される方です。 そもそも、第2次安倍改造内閣で塩崎氏が厚生労働大臣になり「病院の前の風景を変える」と調剤薬局...

NO IMAGE

後発品シェアはカギは“N”が握る?

え~っと、しょっぱなからなんですが、あんまり書いちゃいけないネタかもしれません(笑) …リアルワールドのネタではない!、ということでお願いします!!… ● 平成27年12月追補品のシェアと理由 ということで、昨年12月の薬価追補品のの上位です。 ◆ アムバロ配合錠  ・サンド  ・日本ジェネリック ◆ セルトラリン  ・MeijiSeikaファルマ  ・共和薬品 アムバロに関しては、やはりオーソライズド・ジェネリック(AG)であるサンドが強かった、ということのようです。ただし、カンデサルタン「あすか」(未だに5割以上のシェア?)のように1強状態ではありません。 続いて、セルトラリンに関しては、...

スポンサーリンク