「 DPP-4阻害薬 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

カナグル+テネリア=カナリア??

田辺三菱製薬は、8月23日に、DPP-4阻害剤・テネリア(テネリグリプチン)と、SGLT2阻害剤カナグル(カナグリフロジン)の配合剤の製造販売承認を申請しました。 (田辺三菱製薬のニュースリリースはこちら) テネリア+カナグルの相性の良さ DPP4-i+SGLT2-iの組み合わせは、相性が良いと考えられています。 特に、(実質的な)ワンドーズ・1日1回のテネリアと、ワンドーズ・1日1回のカナグルの組み合わせは更に合剤のメリットが発揮されますね。 SGLT2-iは、朝食前/朝食後、1日1回の製剤のみです。 一方、DPP4-iは、1日1回/1日2回の製剤があり、かつ用量可変の製...

NO IMAGE

EMPA-REGセンセーション!

17日の欧州糖尿病学会(EASD 2015、ストックホルム、9月14~18日)で、メインイベントとも言われた「EMPA-REG OUTCOME試験」の結果報告がされ、一大センセーションとなりました。 EMPA-REG OUTCOME試験は、SGLT2阻害薬・ジャディアンス(エンパグリフロジン、ベーリンガーインゲルハイム)の心血管イベント発生リスクについての安全性を検討するために行われた試験です。 以前、「ベーリンガーの嘆き節が…」という記事で、お近づきになれた(と勝手に思っています(^o^;))糖尿病船橋市さまのブログでも「エンパグリフロジン(ジャディアンス)、EMPA-REG OUTCOME...

スポンサーリンク